睡眠障害が起こる原因って一体?

睡眠障害が起こる原因って一体?

睡眠障害とは睡眠に何らかの問題、不調が生じることで、寝つきが悪くなかなか眠りにつけない、眠りが浅く途中で何度も目が覚めてしまう、あるいは普段よりも早く目が覚めてしまうといったことが挙げられます。

このような睡眠障害が起こる理由ですが、いくつかのパターンが勘がられます。自分のパターンがどれに当てはまるのかによって対処も変わってくるでしょう。まずは、心理的なストレスによるものです。

何か不安なこと、心配なことがあったり、あるいは誰かに怒りの感情を持っていたりすると、なかなか眠れなかったりするのはどんな人でも経験したことがあるはずです。

仕事や学校でのストレス、家族親戚や近所付き合いでのストレスなど、いろいろなストレスが考えられます。

睡眠障害が起こる理由としてはこの心理的なストレスが最も一般的ですので、逆にこれ以外の理由を全く思いつかないというか、そもそも考えに入れない人も多くいるのですが、これは決してそうではありません。

他の原因もあるのです。それは、身体的な病気、症状によるものです。例えば歯が痛かったりしたら睡眠はどうなるでしょう。言われてみれば明らかなことで、痛みというのは睡眠の質を低下させる大きな原因の一つです。

筋肉痛とか神経痛などに悩まされている人もいるかもしれません。また、痛みだけが問題なのではありません。例えば痒みというのも睡眠の質に影響を与えます。皮膚に湿疹があったりすると痒くて眠れないということはあります。

さらに言えば、何らかの自覚症状があるような病気は全てこの原因になり得るとも言えるでしょう。それが気になって眠れないということです。

睡眠障害の起こる理由はこの2つだけ、心理的ストレスと身体的病気だけでしょうか。確かに問題となるような障害の多くはこのどちらかと言えるでしょうが、実は他の原因もあるのです。

その一つが、なんらかの化学物質、それは嗜好品に含まれるものであったり薬であったりすることもありますが、そういう物質によるものです。例えばコーヒーや紅茶を飲みすぎたときに眠れないという経験をした人もいるでしょう。

これはコーヒーなどに含まれているカフェインに中枢興奮作用があるためです。

あるいは、ほとんどの人は当然のこととして受け止めるため障害とは考えられないことが多いのですが、海外旅行で時差ボケを起こすと眠れなくなったり、逆に昼間に眠くなったりすることもあります。広い意味ではこれも睡眠障害の一種です。