最大限に睡眠薬の効果を発揮するには?

最大限に睡眠薬の効果を発揮するには?

睡眠薬にはその効果は寝つきを良くするもの、眠りを深くするもの、眠りの質を良くするものなど様々な種類があります。効果を最大限に発揮させるには生活スタイルや体質、症状にあわせて選ぶ必要があります。

特に作用時間は重要でたいていのものは服用してから数時間で効果が消滅しますが、24時間ほど継続して持続するものもあり、翌朝の行動に影響を及ぼすことになりますので注意が必要です。

また寝つきがよくなっても悪夢を見るようになったり、起きた後に疲れを感じるなどの副作用的な症状も報告されていますので体質によって効き目が異なると考えられています。

そのため個人で海外の睡眠薬を購入するなどの行動は避けるべきです。またアルコールと一緒に摂取するのは危険ですから絶対に避けるべきです。常習性がありますので勝手に増やしたり、減らしたりしてはいけません。

夜なかなか寝付けないという方によく処方されるのがハルシオンです。ベンゾジアゼピン系で1時間以内ですっと眠りにつけることがメリットですが、作用時間が短いため夜中に何度も目が覚めるという報告もされています。

依存症などの副作用も心配な強い薬ですので自己診断で服用しないことが重要です。睡眠薬は3カ月ほどで耐性ができてしまいますので重度の不眠症の方はどの薬を飲んでも効かないということがあります。

睡眠薬依存症になってしまうと精神疾患なども考えられますので専門医に相談して休職するなどほかの方法を考える必要があります。

市販薬で購入できるものは第2種指定医薬品が最も効果が高いものになります。6錠など少量で販売されていますので、どうしても眠れないという時だけ飲むといった使い方ができます。

一時的な不眠症状に効果が最大限に発揮され、脳の神経細胞の興奮を抑え、眠くなる作用をもたらしてくれます。皮膚や消化機能などにトラブルが生じることも多く、市販薬だからと言って安心はできません。

眠気が続いたり、だるさを感じることもあるなど日常生活に影響を及ぼす可能性があるのは医師処方の睡眠薬と同じです。ラベンダーアロマが配合されていたり、早く溶けるカプセルになっているなど工夫が凝らされている薬もあります。

漢方によって体質改善し、長期的に不眠の原因を取り除くという方法もおすすめです。即効性はありませんが、副作用や依存性が少なく安心して使えます。ストレスや精神的な疲れにも効きますので便利です。

入眠障害の場合には抑肝散加陳皮半夏や酸棗仁湯がよく用いられています。精神的な興奮を抑えて落ち着かせてくれる働きがあります。柴胡加竜骨牡蛎湯や加味帰脾湯は精神的なストレスを開放して眠りを深くしてくれます。